フリーターでもOKの期間工!高収入でおすすめ

期間工ってなんですか?

期間工とは自動車工場などで勤務する役割を担う存在であり、期間が定められている労働契約を結んで働くことが大きな特徴となっています。期間工という呼び方は職を探すときによく使われる表現であり、派遣先や雇用主は契約社員、期間従業員などと呼ぶことが多いです。
一定期間だけそこで働くという仕組み城、一般的な職場とは異なる特徴がいくつもあります。
生産現場では常に一定の量を生産しているとは限らず、需要の高まりを予想して生産量を増やすということが往々にして起こります。
その際の人手不足を解消するために期間工が起用されることが多いです。
一定期間のみしか働かないので業務はあまり複雑ではありません。一般的な仕事では徐々に業務に慣れていくことで技術の向上を重視していくこともありますが、期間工の場合はとにかく1つ1つの仕事をこなすことが重要視されます。
多少の技術向上はもちろんありますが、それは副産物的なものであって目的の1つではありません。技術が高まったとしても数か月でやめることになるからです。

期間工において学歴や資格などは必要条件に含まれません。
最も重要とされるのは体力とやる気です。
仕事内容は単純作業が多く、素早い作業が求められることもあります。
フリーターなどの方がまとまったお金を稼ぎたいという場合にもおすすめです。働く期間に関しては様々な数か月から3年というケースが多くなっています。経験自体は十分に生かすことが出来ます。

期間工で働いたらどうなる?

期間工の生活は一般的な工場で働いている方とそれほど変わりません。

生活(一日の労働時間)は9時間弱ほどですが、早い時間から始まる場合と遅い時間に始まる場合があります。
早い時間から始まる場合は午前6時台からというケースがあるので、かなり朝方の生活になっていきます。ただし、終わるのは午後3時くらいなので自由に使える時間も長いです。
遅い時間から始まる場合は午後4時くらいから夜中の1時前くらいまでというケースが多くなっています。

期間工は一定期間で働く仕事ですが、職場の人間関係も存在します。ただし、万が一職場の方々と合わなくても期間が過ぎれば離れることになるので、一般的な職場に比べると人間関係での悩みが起こりにくくなっています。
仕事関係の方とはビジネスライクな付き合いにとどめたいという方におすすめです。

期間工はなんと言っても「高収入」が魅力

期間工は一般的に収入がよいとされています。というのも根本的な人手不足を解消するために期間工を雇うというケースが多く、待遇の良い職場が増えているからです。
その代わり一定期間が終わると次の働き場所を探す必要があります。期間工でがっつり稼いで貯金をするという方法もあります。

期間工は一定の期間しか働かないため、収入以外に得るものが少ないと思われがちですが決してそんなことはありません。
期間工で得た技術はその後同じような工場で働く際に役立ちます。技術や知識が高まってくると待遇もさらに良くなる可能性があります。